SAMPLE SITE ロゴ

SAMPLE SITE

コンテンツ1

コンテンツ1

佐藤真康MASAYASU SATO

シルバーブルーム代表/中小企業診断士

PICK UPピックアップ

NEWS 中小企業診断士のための「理論政策更新研修」

中小企業診断士のための「理論政策更新研修」

お久しぶりのお仕事アピールです。 昨年も行いましたが、大塚商会さんによる中小企業診断士のための「理論政策更新研修」の講師を、今年も勤めることになりました。コロナで延期になっていたのですが、私の担当は6月13日(土)で、1人4時間一気にいきます。 ZOOMのオンラインですので、中小企業診断士であれば、全国どなたでも受講可能です。日本経済新聞の記事によれば、ビジネスパーソンを対象にした新たに取得したい資格の調査で、「中小企業診断士」が第1位となったようですが、まだまだマイナーの資格かもしれませんね。 ※詳しくはこちらまで。 https://www.otsuka-shokai.co.jp/koushin-kenshu/training/online/?fbclid=IwAR037CsEpodxggwo95MhY6qoqI88r0K1pvuzuImvjxnDB2rggT-DcqyjwdY

NEWS 新型コロナウイルス感染症で影響を受けた中小企業・小規模企業の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症で影響を受けた中小企業・小規模企業の皆さまへ

 北海道では、新型コロナウイルス感染症により、経営に影響を受けている中小企業・小規模企業の皆さまを対象として、 無料で専門家を派遣するサポートを行っています。  資金繰り、雇用環境、助成金・給付金など、各々の課題に応じた専門家を派遣し、 オーダーメイド型の助成・指導を行うことにより、継続的な事業活動を支援します。 お困りの方は、ぜひご活用下さい。 私(シルバーブルーム)も専門家として登録しています。 詳しくは、こちらまでどうぞ! http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/csk/senmonkahaken.htm

BLOG 新型コロナウイルスで思うこと

新型コロナウイルスで思うこと

今回のコロナウィルス、中小企業は大変なことになっています。疫学的にいうと徹底した自粛が重要なんでしょうけど、経済とのバランスも大切なことは、現場にいて痛いほど感じます。私も、Facebookでそのあたりは情報発信していますが、なんとか切り抜けたいですね。 それとは別に、このコロナ騒動を通じて、マネジメントのさまざまな理論を思い出すことがあります。SNSでちょっとだけ私がアップしたコメントを紹介しますね。 「シグナル(メリット)よりもノイズ(デメリット)の方が、5倍もパワーがあるという研究もありますが、私がセミナーでよく紹介する理論に、2002年にノーベル経済学賞をとったダニエル・カーネルマンの「プロスペクト理論」があります。平たく言うと、「人間は得をした喜びよりも、損をした悲しみのほうが2倍強く残る。」というものです。昨日今日の、株価の下落をみれば、理解できると思います。つまり、ネガティブ1に対して、ポジティブ2が必要ということです。人間のネガティブバイアスを表していると思います。」 「今回の新型コロナでは、いつも「サプライチェーンマネジメント」を思い出してしまいます。部分最適ではなく、全体最適だということ。あるいは、「ザ・ゴール」で一世を風靡した「制約条件の理論」を。ボトルネックって、感染者数だけなんだろうか?って。」 「マネジメントに興味がある方は、今回のコロナ、パレート理論(20:80理論)を思い出しているのではないでしょうか。80%は軽症で、20%に重症化の可能性がある。80%よりも、20%の重症化にシフトしてとてもシリアスに捉え、それがこの大騒ぎとなり、自粛、自粛の空気感です。20%が世界を動かしているのでしょうか?」 このほかにも気づくことはいっぱいあるのですが、みなさんも、あっこれ?って思うことがあるのではないでしょうか? いずれにしても、東北大震災以来の一大事ですので、冷静になって対応していきたいですね。  

NEW TOPICS新着トピックス

ホームHOME