SAMPLE SITE ロゴ

SAMPLE SITE

中小企業診断士って、あまり聞いた事がない人も多いかと思います。
中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家のことをいいます。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11 条に基づき、経済産業大臣が登録しますが、コンサルタントとしては唯一の国家資格です。

中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。

高度な専門知識と実践的なコンサルティングスキルを備えた中小企業診断士は、いわば経営者の「パートナー」。経営者にとっては心強い存在といえます。

企業を取り巻く経営環境の変化はますます激化していますが、柔軟で、かつダイナミックな経営力がなければ、大企業でさえ生き残ることが難しい時代と言えます。こうした厳しい経営環境の中で、様々な経営課題を抽出し、そして解決し、発展性のある方向へ企業を導いていくことが中小企業診断士の役割です。

さらに、中小企業診断士には、専門的知識の活用とともに、企業と行政、企業と金融機関等のパイプ役、中小企業への施策の適切な活用支援まで、幅広い活動に対応できるような知識や能力が求められています。とくに経営体質が弱く、多種多様な難問を抱える中小企業にとって、高度な専門性と実践的な問題解決能力をもつ専門家・中小企業診断士には大きな期待が寄せられています。

1390view

このページをシェアして友達に教えよう!
http://silverbroom.jp/tp_detail.php?id=119

関連トピックス:事業のご案内

  1. HOME
  2. 事業のご案内
  3. 中小企業診断士とは

ホームHOME